So-net無料ブログ作成
検索選択

花粉症の薬 アレロックとは?子供にも適応あり






pics224.gif


お医者さんから、薬を処方された時には、
最低限どんな薬なのか、情報を得ておくことは必要ですよね。


特に子供に処方された薬は、親として知識を
持っておくことが大事です。


そこで、今回は、花粉症の人によく処方されるアレロック
という薬について見てみましょう!


アレロックって、どんな薬?


ヒスタミンの作用を抑え、アレルギー症状に
効果がある薬。
主に花粉症、蕁麻疹の症状の患者に処方される。

錠剤 2.5mgと5mg

OD錠(口の中で溶ける、水なしで飲めるもの) 2.5mgと 5mg

顆粒剤


服用する容量は?大人と子供の違い


大人
1回5mgを1錠、1日2回、朝と就寝前に服用する

子供(7歳以上)
大人と同じ
※2歳以上7歳未満は、顆粒剤0.5gのみ服用
できます。朝、就寝前1日2回



気になる副作用は?


眠気、肝機能障害、倦怠感(だるさ)、口渇、体重増加など

90代男性、40代女性で劇症肝炎で死亡した
例あり。
子供で死亡するに至ったケースはありません
ので、安心して下さい。


あと、つい去年もらった薬がまだあるからって、飲むのはやめましょう。
薬には使用期限がありますから。


花粉症の眼薬には、使用期限が記載されていますので、注意して下さい。




Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0)  [編集]
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © 花粉症2015年の傾向と効果のある対策 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。